「痛み」について①

 

 

昨年12月29日に北海道でスキーの滑走中に、

転倒して右ひざの前十字靭帯を断裂してしまいました。

その再建のために、

今年の3月22日に人生初めての全身麻酔での手術を受けました。

次の文は約十日間の入院を終えて間もなくの文章です。

最初はFacebookの友達向けに近況報告も含めて書いていたのですが、

なんとなくまとまらなくて放置していた文章です…(笑)

 

 

「私はみんなほどわかっていなかったなあ」と思うことがあります。

 

 

それは「痛み」についてです。

 

右ひざの前十字靭帯再建手術のために十日ほど入院していました。

 

「全治二年」

 

と言われている怪我の術後十日目は、両松葉杖をついての退院の日でした。

 

以前だったらなんてことはない30分程度の外出でさえも、

その時の私にとってはかなりのダメージがある時期であったこと、

家に帰ったら大量に出血した傷口たちが訴えていました。

 

びっくりでしたよ、あんなにも未完成な状態で退院させられるなんて!!(笑)

 

でもそんな状態でも術後十日目の自分は

「(脚は)腫れてるけど良くなった」と、

むしろ清々しいくらいの気持ちでいたのです。

 

つい数日前まで、

 

膝には内出血で溜まった血を抜くための管が(ものすごく原始的に)刺さっていて、

 

もちろん地面に足をつくこともできなければ、

 

まっすぐに伸ばすこともできない。

 

寝返りだってうてない。

 

「ゾウさんが四本足揃えて私の膝の上に立ってるんじゃないか」

 

と思うほどの激痛がまる四日間、

朝から晩まで続きました。

 

ほんとにほんとに、ほんとーに

 

痛かったぁ…(笑)

 

痛さのあまり、

 

「これからの人生でこれより痛い(辛い)ことが

絶対にあるだろうけど、その時私耐えられないかも……」

 

と思ってしまいました。

 

よくテレビや本で、

 

「生きる希望を失うな!」

 

みたいな言葉聞きますよね、

 

私は自分自身は絶対に人生をあきらめない、

生き抜くことを選べる人間だと思っていたけど、

 

いとも簡単にこころのエネルギーを吸い取られていました。

自分はこんなに簡単にやられちゃうんだなって、

少し自信も失ったほど。

 

それから、

例えば歯磨きだって

洗濯だって

コップを洗うことだって

誰かに少しお願いしないとできない、

以前できていたことができない身体の不自由さを

 

そばにいてくれない家族が悪いんだとか、

このぐらいやってよ看護師さん!!って

人のせいにすることもしばしばでした。

 

こういう発言をすると、

 

「甘えてんな」

 

「メンヘラかよ」

 

「情けな」

 

という世論(やじ)が聞こえてきそうだけど、

 

本当に痛くて苦しいとき、

 

人生を諦めたくなるきもちも、

 

自分以外の誰かを責めたくなる気持ちも、

 

誰だって一瞬は頭に浮かんでしまうと思います。

 

そしてそれは、すべてを一度考え直して、

冷静になれるまで、

ある程度の時間が必要です。

 

物理的な痛みの

 

副作用って

 

それほど強烈なものなんだなって初めて知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

…ここまでしか書いてない。

 

 

 つまり……

何が言いたかったのかあんまり覚えてないのですが…

 

たぶん、

 

「世の中にこんな痛みがあるってしらなかった」

 

ってことを言いたかったのだと思います。

 

「医者にいじられる」痛みとか

 

自分自身のコントロールが利かなくなる痛みって

 

はじめてだったんです。はい。

 

でも、この「痛み」を経験してみえたことはたくさんあったんです。

 

それを

 

次回の「痛み」について②に書きたいと思います。

 

 

 

今日も来てくれてありがとうございます。

 

 

 

23歳。

 

昨日で23歳になりました。

 

自分の身体が23年ものだと思うと、なんだか信じられなくて

 

思わず体中をごしごしとさすってしまいました。(笑)

 

「年齢」といえば、

 

最近では高校の友達同士で集まると大抵、

 

30歳まであと何年…

 

結婚して子どもを産むまであと何年…と

 

「焦り」まじりのこんな話題で3時間はお酒飲んでいます。

 

それも毎度。(笑)

 

そして

 

「〇〇歳ってもっと大人だと思ってた~」

 

なんてセリフをもうかれこれ三年くらい言っているような気がします。

 

 

 

「23歳ってもっと大人だと思ってた~」

 

 

 

私もそんな気がします。

 

昔、描いていた私の23歳はもっと自立していてかっこいい女性でした。

 

でも、

 

もう三年くらいは同じことを言っていて、そろそろ気がづきました。

 

「23歳はそんなにオトナじゃない」

 

今まで私がみてなんとなくあこがれていた23歳の先輩たちも

 

きっとそんなにオトナじゃなかったはずだ。

 

そうみえていただけで、彼らも言葉にならない、オーラにならないものを

 

抱えていたはずだ。

 

友人は自分の母に

 

「もっとオトナだと思っていた」

 

ということについて話したことがあるそうだが、

 

母から返ってきた言葉は、

 

「それ、これからも毎年思うことだよ」

 

だったそうだ。

 

………だったら、焦らないで、

 

今の自分を愛そうじゃないか、

 

もっともっと自分を受け入れて

 

育てていこうじゃないか。

 

なーんてことを

 

そんなことに23歳になる寸前に気づくことができたので、

 

今年はまだ口にしていません。

 

でも今年もあと何回かは

 

「23歳ってもっと大人だと思ってた~」

 

を聞くことになると思います。

 

そのときは、

 

にこにこと

 

23歳であること喜ぼうと思います。

 

 

 

 

 

 

今日も来てくれてありがとうございます。

23歳、たのしみです。